スタッフのブログ

EBS追加後のLVMでのディスク拡張

AWSではEBSをオンラインで拡張出来ますが、その後、OS上でも拡張しなければなりません。 ところがCentOSを使っていた場合LVMがデフォルトのファイルシステムになっているため少々苦労します。 今回20GB→50GBに拡張しました。 ディスクの確認 EBSのディスクを拡張した直後は、20GBのままです。 50GBが割り当てられていることがわかります。 fdisk上は50GBが見えていますのでprimaryに割当が必要ですね fdiskで一旦削除して作り直しします。 リブートを求めてきますのでリブートします。 LVMボリュームの拡張 まずは物理ボリューム情報を見てみます。 特に変化は無し ここで物理ボリュームをResizeします 50GBに変わりました。 次にVolume Groupを見てみます。 最後に一挙にLVMボリュームを拡張します。 変わりました!! 最後にxfs_growfsコ … ...

データの同期(lsync+rsync)

データの同期 データをサーバからサーバへコピーする際に、rsyncでデータ移行を行いますがこれにlsyncを合わせることにより、サーバAとサーバBのリアルタイムなデータ同期が可能となります。 使用用途 では、どこで使えばいいのか?例えばWEBサーバでLoadBalancerでサーバAとサーバBに振り分け行っている。 同じコンテンツがそれぞれ存在して、この2つを完全同期をかけたい。 その際によく使うのがNFSやiSCSIなのですが、これらを実現するためにサーバを別途用意したりそこがシングルポイントになってしまいます。 そこでそれぞれ別々のサーバにデータを持つことによりシングルポイントを作らずに実現が可能となります。 紹介する環境 ここでは、サーバAとして「192.168.0.150」、サーバBとして「192.168.0.151」とします。この2台のサーバを完全同期します。 もちろん、サーバA … ...

サーバの電気代について

1か月あたりのサーバの電気代を計算してみようと思います。 HPのラックサーバDL360G8の真ん中のモデルで試算してみます。 HP製サーバDL360システム構成図 最大消費電力が371Wです。 メモリの搭載の仕方によって電力が変わってきますので、一概に言えませんが、 毎日4時間全力運転(消費電力最大)、20時間アイドル運転(消費電力80%)と仮定してみることにします。 サーバが24時間常に最高の負荷で稼働していることはありません。 なので、消費電力*1ヶ月としてしまうと、金額が異常に高くなってしまうので、今回は重み付けして計算します。 サーバの最大消費電力 371W 消費電力量(Wh/月) = ( 371W * 4時間 + 371W * 80% * 20時間 ) * 30日 = 222.600Wh (222.6kWh) 電力単価 25.19(円/kWh) (東京電力 第2段階料金) 電気料 … ...

ソフトウェア開発環境展に行ってきました。

バングラディッシュのオフショア開発 ビッグサイトで開催されたソフトウェア開発環境展に行ってきました。 ベトナム、中国、ミャンマー、フィリピン、インドとオフショアの定番の国はブースを構えていましたが、 これはいつものことなので特に何も思わなかく・・。 なんと一番人気で混雑していたのが、バングラディッシュのブース!しかも一番広かったです。 バングラディッシュのオフショア開発はほとんど聞いたことがなかったので、 私が知らないだけで最近増えているのか調べてみました。 バングラディッシュのブースはこんな感じでした。 午前中なのに名刺交換しているビジネスマンが多数・・ オフショア開発発注国ランキングを調べてみました。 日本からの発注額が多い順 1位:ベトナム 2位:中国 3位:インドネシア 4位:ミャンマー 5位:フィリピン 6位:インド 7位:カナダ 8位:タイ 9位:モンゴル となっており、バング … ...

VPCの中でサーバを立てる意味

打ち合わせをしていると、そもそもなぜVPCを使うの? どんなメリットがあるの?と質問を受けます。 「VPCのサービスを利用するとAWS上で閉じられたネットワークを構築しすることができます。その中にサーバを立てるので、VPCの外に立てたサーバと比較してセキュリティが高いです。」 というなんとなくの回答をしていましたが、 ここにちゃんとした回答がまとまっていましたので紹介します。 英語ですが・・・ Amazon EC2 and Amazon Virtual Private Cloud メリット EC2をVPCの中で立てた場合、VPCの外で立てた場合と比較して以下のメリットがあります。 By launching your instances into a VPC instead of EC2-Classic, you gain the ability to: Assign static priv … ...

オーナーと開発会社と運用会社の関係について

システム保守をしていると障害対応時やサイトリニューアル時に色んな場面に遭遇します。 開発会社と運用会社が別 トラブル時の責任が明確でない。 それぞれの会社の保守内容によっては問題が解決するまで時間かかる。 保守内容に含まれない作業をやれるがいない。 メリットは特にありませんが、多くの企業はこのパターンです。   オーナー自身が開発出来て、運用は外 トラブル時の責任が明確でないが、自社に開発者がいるので、サーバ運用会社と一体となって問題解決に臨める。 保守内容に含まれない作業であってもオーナーは自分のサイトなのでどうにかして問題解決しようとする。 パターンとして多くはありませんが、開発会社が別事業でサイト運営する場合はこのパターンがあります。 ウェブサイトのオーナーのほとんどはサイトの企画までやりますが、システム開発までやるオーナーはそんなに多くはないかと思います。 オーナー自身が … ...

AmazonRDSとEC2のMySQLでレプリケーション

背景 RDSについているMultiA-z機能を使わずしてActive-Standby構成を実現したかったため AmazonRDSのMySQLインスタンスをマスターサーバ、EC2サーバ内のMySQLや外部のオンプレミスのMySQLサーバをスレイブにしたいと思い設定を行いました。 まずは、公式のユーザーガイドはレプリケーションを使用した MySQL 5.6 データのエクスポートにあります。 AmazonRDS側の設定(server_id) 最初にserver_idの調査を行います。RDSのパラメータグループには{serverId}と書かれているのでこれでは分からないため実際にMySQLインスタンス(公式ユーザガイドと同じ表現にしています)に接続します。 今回、このserver_idに関して、のFAQです。 Q: この値を固定にすることは可能か。 A:RDSダッシュボード->パラメータグル … ...

サーバの選定はそれで良いのか?

スタートアップでのサーバ選定 サイトをスタートアップで作る際にはよく知られているサービスプロバイダーでいうと「さくらインターネット」「GMO」辺りが思いつくと思います。 例にとると「さくらインターネット」では共用サーバプラン~専用サーバプランまで幅広いメニューを持っています。 共用サーバプランでは129円という破格の値段で提供しています。普通にサイトを開くなら515円のスタンダードですがセキュリティやレスポンスを一切無視すればこれでもありかと思います。 特にセキュリティという面は、実際に被害にあって初めて身に染みて感じるユーザがほとんどだと思います。 3年ほど前になりますが、ロリポップのWordpressへの不正アクセスが確認されました。 【重要】WordPressをご利用のお客様へ このような状態になってセキュリティに関する意識が高まるようです。ちなみにうちの田舎(ちょード田舎)では家に … ...

最近のAWSに関する主なアップデート

弊社ではサーバ運用代行をメイン事業としているのでAWSの中でもEC2、RDS、S3、cloudfrontなど所謂ベーシックなサービスを利用することが殆どです。逆にそれ以外のサービスを使う機会はあまりありません。 しかしそれらのサービス以外にもLambdaやRedshitなどIoTやビッグデータ解析を意識した良いサービスが沢山出てきていますので、それらの紹介と合わせてAWSのアップデートをかいつまんでご紹介していきます。 主にAWS社の中の人から情報を頂いたこともあり弊社の導入事例ではない事例も以下に記載ありますので共有させて頂く意味で記事を書いています。 ゲーム用エンジンLumberyardを発表、スケーラブルなバックエンドAmazonGameLiftと連携 Gameを開発されている方は一握りだと思いますが、取り急ぎ情報共有まで。業務イメージがわかないとわかりにくいかもしれませんが、Lum … ...

ユニオンバンクの口座を解約しようとした時のやりとり

インスタンスを売却して得た金額はアメリカの銀行口座に入金されるのですが、(日本の銀行口座への入金はしてくれません。)1年経ってほとんど使わなかったので、先日ユニオンバンクを解約しました。 *口座開設した時の記事はコチラ→ http://www.kumoyanet.com/1997/ ユニオンバンクの取次ぎ銀行は三菱東京UFJなので、家の近くの三菱東京UFJ銀行の店舗に行って出金または送金して解約手続きをすれば終了かと思っていたのですが、店舗ではそういったことはやってもらえないとのことでした。 三菱UFJはユニオンバンクの取次ではなく案内しかやっていないようです。 なので、ここに電話してください!と窓口の女性から手渡されたチラシに書いてあった電話番号に電話して進めました。 今回は出金ではなく送金扱いとなったのですが、以下は送金するためにオペレーターとやりとりした流れです。 ちなみに弊社はch … ...

1 2 3 4 5 6 18
PAGETOP

Copyright(c)  株式会社 雲屋ネットワーク All rights reserved